組合役員の心構え~組織防衛について~ 2019年度 労働問題セミナーを開催


 四国電力総連は、12月14日(土)、四国電力㈱総合研修所において、「2019年度 労働問題セミナー」を開催し、各単組の三役を中心とした執行部を対象に、61名が参加しました。


目 的

 〇反社会的組織の行動理念(考え方)や現状(規模・活動
  内容など)を知り、なぜ企業・労働組合へ浸透しよう
  としているかを学ぶ。

 〇反社会的組織の実態を把握することで、組織への介入
  を阻止し、健全に発展させていく基礎的な力を養い、リ
  ーダーに欠かせない組織防衛や基礎能力向上を図る。

 

研修風景

 講師としてお招きした社労研の大野事務局長からは、「民主的労働運動の重要性」「階級的労働運動の今」「左翼に介入された事例と対処方法」「組織防衛や組織拡大の意義、進め方について」などをテーマにご講演いただき、左翼的労働組合の考え方や現状などを理解するとともに、組織を守っていくために何をすべきか、トラブル時の具体的対応方法などについて学びました。
 今後も、組織を守り、次世代へ引き継いでいくためにさまざまな機会を捉え、組織力向上の取り組みを行っていきます。


                          


四 国 電 力 総 連
〒760-0063 高松市多賀町2-12-5