三労連 四国の環境とエネルギーを考える会 「2019年度 環境・エネルギー関連施設見学会」を開催

四国電力総連は、11月11日(月)~12日(火)に『三労連 四国の環境とエネルギーを考える会』が主催する「2019年度 環境・エネルギー関連施設見学会」に6名が参加し、伊方発電所・伊方ビジターズハウス・原子力保安研修所を見学するとともに、加盟産別相互の連携を深めた。         

 三労連 四国の環境とエネルギーを考える会は、電機連合・基幹労連・電力総連で構成されており、四国地方におけるエネルギープラントの設計・建設、運転・保守に直接携わる労働者の立場で、原子力をはじめとするエネルギー・環境問題に関する意見交換や調査研究等の諸活動を目的として、平成5年4月に設立し、これまで施設見学会やエネルギーシンポジウムを開催し見識を深めるなど、諸動を展開している。                                                      

 今回の見学会では、伊方ビジターズハウスにおいて、東日本震災以降の原子力発電を取り巻く環境の変化や、新規制基準における安全対策の実施状況、使用済燃料の乾式貯蔵の概要などについて説明を受けるとともに、伊方発電所構内においても実施状況を確認し、理解を深めた。            
 また、原子力保安研修所においては、「運転訓練」と「保修訓練」を2つの柱として、プラントの基本的な起動・停止操作から複雑な事故・故障対応操作までの運転操作訓練はもとより、ヒューマンエラー(人間のミス)への対応・安全文化などに関する教育、保修業務に必要な知識の習得及び機器の分解・検査・修理などの実技訓練などについて説明を受けた。                 

参加者からは、電気の安全・安定供給のために原子力発電が必要不可欠であるという声や、これまで真摯に取り組んできた安全対策を評価する声など、活発な意見交換を交わすことができ、大変有意義な見学会となった。                                   

今後も「三労連 四国の環境とエネルギーを考える会」において、各組織が連携を図りながら活動を進めていくこととしている。                                               

✤これまでの活動

○「環境・エネルギーシンポジウム」の開催

○加盟産別の施設見学会

  ・三菱マテリアル直島精錬所

  ・三菱電機㈱受配電システム製作所

・パナニックエコテクノロジーセンター  など

○発電に関連する施設見学会

  ・四国電力㈱伊方発電所、橘湾発電所、坂出発電所

  ・関西電力㈱大飯発電所

  ・日本原燃㈱原子燃料サイクル施設(六ヶ所村)  など

  ・環境保全の取り組みに関連する加盟産別事業所、発電所等の見学会

 


 
 



                          


四 国 電 力 総 連
〒760-0063 高松市多賀町2-12-5