四国電力総連
「第22回定時大会」を開催


 四国電力総連第22回定時大会は、7月26日(金)14時から高松市の「ロイヤルパークホテル高松」において、代議員や執行部など約130名が集い、盛大に開催されました。
 大会では、2001年度活動経過、2002年度活動方針・財政方針など、すべての議案が原案どおりに可決承認されました。

 冒頭、挨拶に立った野口会長は、大会にあたっての所信の一端として「自由化乗り切りへ正念場のこの1年、今こそ組合の出番」、「統一地方選挙等の必勝、政治を私たちの手に」と熱くメッセージを発信し、2002年度への力強い決意を表明しました。

  
約130名の出席により盛大に開催 冒頭挨拶に立った野口会長。
「正念場のこの1年、今こそ組合の出番!」
<来賓挨拶> 電力総連の浜野事務局長 緊張しながらも大会の円滑な進行に
努めていただいた議長団のお二人
 左:越智代議員(四電工)、右:岡村代議員(電力)
<来賓挨拶> 三宅連合香川会長 藤田みつお愛媛県議会議員
組織内議員を代表しての挨拶
森山部長(全国電力総連)から
派遣役員の活動報告
森岡前副会長からバトンタッチを受けた
田所会長代理(四電工労働組合)
退任役員の森岡前副会長(四電工労働組合)
「本当にお世話になりました」
司会の大役を務めた
西尾副会長(電気保安協会労組)
「一丸となって立ち向かおう!」
新三役から2002年度の決意表明。
(左から水島事務局長、西尾副会長、野口会長、
田所会長代理、川人副会長、渡部副会長)
すべての議案は、原案どおり
可決・承認されました。